活動自粛第二弾

都内マスク状況

 

皆さんこんばんは休業中のベレタです

営業を4月より自粛・5月6日まで休業予定で呆然とし、自宅でひたすら掃除をしている毎日ですが皆さんはいかがお過ごしですか?

 

不要不急の外出を控えるように国と各自治体から要請はありますが、それでもお仕事で外出をしなくてはならない方々もいらっしゃると思います

公共交通機関を利用の際はマスク着用はもはや必須、エチケットの域を超えてますよね

 

先日大江戸線のホームで電車の到着を待っていたら近くの方がクシャミをしました

勿論マスク着用されていましたし咳ではなく、「くしゃみ」でした

。。。が近くにいたおじいさんは危険を感じ一目散に逃げていきました

大変な世の中になりました

 

国がマスクを各家庭に2枚配布とマスク不足は深刻な状況です

 

薬局は早朝からマスク目当てで行列ができ、日中も薬局に立ち寄る方々はマスクを求めています

 

高齢者で情報収集が苦手な方はマスクを手に入れられない状況なので国のマスク2枚配布は情報弱者の方々にはありがたいのかもしれません

 

そんなことを考え街ゆく人々の色々なマスク姿を眺めながら、先日私の青春時代を過ごした大久保を散歩していました

歯医者が営業している間に治療をと、大久保通りを静かに歩いていました

 

最近の大久保通りは原宿並みに若い子達で溢れかえっている印象でしたが、明らかに地元の人しか歩いていない風景でした

 

若い子もちゃんと自粛しているのだと安心して歩いていると、韓国系コスメやアイドルグッツを販売しているお店の店頭でマスクが大量に販売しています

 

10枚700円と50枚3500円、1枚70円のようですね

三層構造の一番需要があるマスクでした

しかし道行く人で反応する人は40%も反応していないように感じたので、どうも大久保では前からマスクが販売されているようです

 

気になったので近くのお店も廻りました

他の韓国系のショップではもう少しグレードの高い白マスク10枚1,100円これもよく見かけました

新大久保から大久保駅側に何件かあるネパール?インド?系のショップでは50枚セットのマスクが3,600円で販売していました

 

マスクは今大久保に行けば買えます。

 

※マスクの価格は取材時4月7日の価格です

その後の取材で4月10日には韓国系ショップでのマスク販売は50枚4,000に値上がりしていました

今後も値上がりは予想されます。


緊急企画!活動自粛

自宅引き籠もり食事備蓄

商品紹介

みなさんこんばんは

世の中は自粛モードですね、ロンドンやNYはすでにロックダウン(都市封鎖)東京もいつ封鎖になるか皆さんの注目しているとこだと思います

都内ではすでにトイレットペーパーは購入が難しい状態にはなっています

都市封鎖を懸念して、週末は備蓄用食品をスーパーに購入している家族連れも多く見かけました

さて今回は備蓄用食品について私のお勧め商品をご紹介したいと思います

 

まず最初にご紹介したいのは、ぶぶかの油そば(明星)です

近年油そばは定着しましたが、油そばの名を全国に知らしめた名店が「吉祥寺らーめん専門店ぶぶか」

そのぶぶかの看板メニー油そばを再現したカップ麺がこの商品になります

私は中央線サブカル貧乏集団と同じように、若い頃は食にお金をかけるなんて頭は持ち合わせていませんでした

その為中央線沿線のB級グルメ店はよくお世話になりました

一時期、出稼ぎの為都内を離れ地方に行き生活していたある日、コンビニでこのぶぶかの油そばを発見した時は、たまらなく懐かしく即購入し食べたのをよく覚えています

カップ麺なのにカロリーが700㎉越えとパワフルな内容です

食べた方ならおわかりだと思いますが、食べれば水分なしでは食べきれない程の油まみれ感は当時の若者には最高のカップ麺でした

私のお勧めの油そばのお供は牛乳でした

油まみれの口の中を牛乳で流し込むとなんとも言えない爽快感w

まあ一度試してみて下さい

そんなぶぶかの油そばもはや発売19年目、時の経過は早い物だと実感しました

まだ食べたことない方は是非お試し下さい。


みなさんこんばんは、ベレタです

少しづつ春らしくなってきてますね

気温が20℃越えの日があったかと思えば、いきなり雪で気温が2℃で翌日に春一番が吹き身体がビックリしてしまう気候状況も季節の変わり目らしいですね

さて春と言えば桜と新生活!

進学や就職、出会いや別れといった環境の劇的変化が春らしさかもしれないですね

最近ドンキ〇ーテ(以下D)に行った時にふと昔のことを思い出しました

私も年齢を重ね色々な春の新生活を経験しましたが、夜の業界の新生活を迎える者は少し他の業種とは違う人達が多かった様に思います

 

私が若い頃この業界に就職してくる者は、基本体一つで入社でした

家無し・金無し・もちろん彼女無し

基本は3つの無しが揃った猛者が集まってきました

 

当時は夜の業界は寮付き・日払い(規定有り)が当たり前だったので世の中を無視した奴らが色々いました

ですので、まず入社して仕事後はDに行き生活用品をそろえます

日用品はもちろんのこと、寝具もないので布団や枕・仕事を続けて余裕が出てくるとちゃぶ台を買ったり、スーツや靴を買ったりとDと夜の業界は密接な関係でした

その為かDには夜の業界人が好む特種な商品も販売している気がします

スーツ・靴・仕事用コートorダウン・ブランド物等、Dでこれらの物を購入する人種は業界人が多かったです

なんとか生活も安定してきて、生活用品も揃ってきたかなと思うと給料日後突如退職(飛び)

また別の街や別の道へと羽ばたき、またDにお世話になるといったルーティンをよく見かけたものです

 

 

 

先日D行き、昔一緒に働いた同僚は今何をしているのかな?と思いながらトイレットペーパーをわれ先に購入する人を避けて色々な商品を眺め過去を思い出していました。

 


2020元日

皆様新年明けましておめでとうございます

今年も皆様方にとって良い年になりますことを心よりお祈り申し上げます。

 

さて年末は皆様いかがお過ごしでした?

我々はお客様あっての商売なもので、年末年始の長期休暇はめったに取れないのですが(最近はブラック企業って言うらしいですね)、今回は世の中の流れか偶然9連休となってしまい、予定のない独身貧乏の私はおびえながらカップ麺を食べて年越しを迎えました

まだ大掃除も終わってないので、この3が日で終わらせようと考えていますw

昨年を振りかえると色々ありましたね

令和だのトランプだのゴーンだのとにかく色々ありましたが庶民の私が一番迷惑だったのが連休が多い。。

これが昨年は一番堪えました

独身には予定の限界があるのですよ国会議員の皆さん!!

大型連休となるとできる限り引きこもり、溜まった洗濯をかたし・掃除をして、読書をして世の中を理解した気分になり、近所を散歩するのが精一杯なのです

まあ家庭がある主婦の方々は連休が多いと料理を作る回数が多くて負担になると、家族団らんのはずが離婚問題にまで発展しかねないから、こちらもこちらで大変そうです

 

連休なので普段は自宅と職場の往復なのですが、休日は皆さんも普段とは違う場所に行ったりしたと思います

私も何気なく普段あまり使わない駅を使用したのでテナントが変わっていたり、工事していたりと変化していることに気づきました

駅の構造は変わらずとも設置いてあるものは時代や世の中の流れで変化しているのだと思いました

今年は特に増えたのは、ATMと外貨のATMが特に増えたなと感じました

オリンピックもいよいよ今年なんだと再確認し、今年はバランスの取れた仕事と休暇、プライベートを充実したいと淡い思いを願い

初詣に向かいました。

 

 

 

 

皆さんこんばんは

昨年末から「平成最後の・・」ってフレーズを耳にすることが多いと思います

皆さんの平成はどんな物語がありましたでしょうか?

平成を振りかえる機会が多いので、ついでに今回は昭和の1コマを振り返りたいと思います!

まあ昭和と言っても60年以上ありましたので、昭和1ケタ代生まれで戦争を知る堅物と、昭和60年代生まれの昭和の残党とは全く文化も価値観も違うのが特徴ですね

 

ちなみに私は昭和53年生まれ、団塊ジュニア世代の最後の方にあたります

生まれた年にサンシャイン60・新東京国際空港が完成し、原宿では竹の子族が出現、タンクトップとサーフィンファッション大流行、食品では赤いきつねと緑のたぬきがヒット商品、ベストセラーは山崎豊子の不毛地帯、スポーツではゴルフの青木功が世界マッチプレー選手権優勝、霞ヶ関では農林水産省が発足、日中平和友好条約調印、時の内閣総理大臣は福田赳夫

と、この時代も色々あったようです

まあ私と言えば学生時代にストレスの溜まった担任から「お前ら昭和のゴミ(53年)世代だ」と罵られようと、今のようにコンプライアンスなんて言葉も存在しなかった世の中、気にもせず学校をサボタージュしてコンビニの前で肉まんとカップ麺に舌鼓をうち、上野のイラン人から購入した偽造テレカで友達とポケベルで連絡をとりあい、夜はどこのクラブに遊びに行くかロングピースをくゆらせ、咳き込みながら相談したものです。

 

平成生まれの子達には信じられないかもしれませんが、今とは色々違いました

TVの栄養ドリンクCMなんて「24時間働けますか?」とサラリーマンの長時間労働を煽るCMです

今放映すれば労働基準監督署に摘発されます

 

遊びも色々違うと思います

夏に神奈川の海に行った時なんて、葛飾在住の先輩がバス出すからみんなで行こうと誘ってくれたもんだから、夏の青春を期待して集合場所に行くと、バスがマットブラック色のあれですよ

某保守系紳士の方々が新橋駅前で政治活動に使うあの黒バスです。。。

10代の甘い一夏の期待は海のもくずと出発前に散りました

 

海に到着してこのバスを駐める駐車場はもちろんないので、かなりブッちぎった所に路駐。。

神奈川の人気の海なのでローカルの顔の方々からの苦情がくるかと思いましたが、無視でした(公安にはマークされてたかもしれませんが・・)

もちろん女の子にも無視です

振りかえると昭和は凄いなと自分の生きた時代を呪いたくもなります

みなさんの昭和はどんな思い出がありますか?

たまには振り返ってみて下さい!

 

 

 

 

 


皆さま初めまして!ベレタです

今回赤坂にラウンジを繁忙期の12月ではなく、閑散期の2月にオープンします(泣)

私は2月のオープンに向け多忙な毎日を過ごしていると思いきや、意外と毎日のんびりと準備をしています。

朝起きて喫茶店でモーニング(8枚切りトースト2枚)と珈琲を楽しんでから、赤坂へ向かう途中に猫に話しかけてみたり、夜は喫茶店でWi-Fi無料をいいことに、珈琲ケーキセットで粘りながらこうしてブログを作成したりと、端から見ればただのニートですが、新店舗開店に向けて頑張って準備中です!

 

気がつけば12月、毎年思いますが夏が終わるとあっという間ですね

皆様はどの様な12月をお過ごしですか?

 

私はいつか赤坂御所の見事な晩秋の紅葉を某高級ホテルの窓越しから美女と優雅に朝食を食べながら眺め

「朝は空気が澄んできて、君の美しさがまた一段と楽しめるからこの時期の朝は好きだね」

などと会話を楽しんだり、夜は12月美しいイルミネーションの街中を眺めながら、美女と一緒にシャンパンを飲み

「やはり美しい女性には美しい酒が似合うな」

などとほざきながら美しいものだけを眺めることを想像している私ですが、現実の12月は独りで喫茶店のケーキセット(850円・珈琲お代り200円)の真っ黒なブラック珈琲を独りでガブ飲みし、無料のWi-Fiを使用しながら独り無言で黙々とPCの画面をにらみ続けたため目がかすんでしまって、イルミネーションどころか道行く人の顔すらぼやけてよく見えない始末の12月を過ごしています。。

 

皆様は私と違い12月は仕事やイベントも多いので、充実した毎日をお過ごしだと思います

お体の方はご自愛して下さい!

 

私の妄想が現実におこりえるとは、皆様まったく期待していないと思いますが、私は良い店は作りますのでそれだけは期待して下さい!!!!!!!!!!!

では良い12月をお過ごし下さい。